ブログトップ

Primal Reflex Release Technique ~原始反射リリーステクニック~日本セミナー情報

(3) PRRT:原始反射チューニングを体感する

慢性痛*(長年の「イタイ」や「つらい」)
のことなら、
原始反射チューニング(原始反射リリース・テクニック)
とともに悩みを溶かす!
神戸市長田区
ととのゑ屋 砂川整体
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

メールで連絡:totonowe@yahoo.co.jp
予約/問合せフォームから連絡:↓(クリック)
d0067505_16351542.jpg

★ごぞんじですか?★

痛み止め薬や注射がなくても痛みは和らぐんですよ。

痛みのおおもとは原始反射痛:脳や神経の誤作動なんですよ。

わたしは原始反射痛と呼んでいますが、業界では神経障害性疼痛、または、慢性疼痛(日経サイエンスの記事)というみたいです。

原始反射痛にたいする砂川整体の役割について→こちらをご覧ください


痛みが理由で
・日常生活(当たり前の日常)に支障がでている
・仕事や家事を続けていけるか自信がなくなってきている
・この先、生きていくことにもなんか不安になって、恐ろしく思えてくる
・苦しくて、悲しくて、また、悔しくて…なんかたまらない
d0067505_16425427.jpg・思うように歩けない
・ぐっすり眠れない
・趣味やスポーツを楽しめない
・子育てができない、子供と思い切り遊べない
・トイレ、洗面、入浴するのもつらい
・食事中も落ち着いて座っていられない・・・・・・・
そういった方々にとにかく知ってもらいたいことは、長く悩み続けてきた痛みの背景には「原始反射痛」があるということです。

そのことが日米に渡って臨床的に実証され、アメリカでは少しずつ研究発表もされ始めています。

それに、何よりも有効な手立てが存在しているということをご存じですか?
d0067505_16503289.png


原始反射痛(神経障害性疼痛、慢性疼痛)とは一般には聞き慣れない言葉ですが、すべての痛みの背景にある痛みの親分みたいなものです。

この原始反射痛を取り除かない限りあらゆる痛みの元は断ち切れません。

腰の痛み、頭痛、膝の痛み、首や肩の痛みなど症状の出ている場所が違うからと言って、個別に対処してるようでは的外れなために埒があきません。

症状の出ている場所である患部へのいろいろな治療をほどこし、一時的に楽になっても、症状が繰り返し戻ってくるのは、原始反射痛をさばいていないからです。

痛みの元(親分)を断っていないので、すぐに子分を再結成して、勢力を盛り返してくるのです。

急性の怪我(打撲や捻挫など)なら7~8割、
慢性の痛みや不快感(臓器の疾患に由来していないもの)なら8割~時にはほぼ全部の痛みが、原始反射痛がもとで起きているといっても過言ありません。


じゃあどうすればいいって言うんだ?033.gif

d0067505_838376.jpgもし自分の痛みが慢性的なのは、原始反射痛というものが原因になっているのかなぁ、と気になった方は今すぐお問い合わせください。

今すぐ原始反射のチェックと調整を試しに来てください。

今すぐ原始反射の暴走を調整して、快適で愉しい日常へと舵をきりましょう!








d0067505_1961954.png

メールで問い合わせる:totonowe@yahoo.co.jp(スナガワ)
問い合わせフォームから:
d0067505_16334513.jpg



[PR]
# by prrt-japan | 2016-01-12 09:02

アメリカ発のとても斬新な手技療法:Primal Reflex Release Technique (原始反射リリース・テクニック)セミナーの活動案内です