ブログトップ

Primal Reflex Release Technique ~原始反射リリーステクニック~日本セミナー情報

(6) PPRT レベル1セミナー2日間の流れについて

d0131260_10272817.png


ベーシック・セミナー概要
1 講義;PRRTの概念と解剖・生理学のバックグラウンド
2 ホームスタディコースの内容の補習
3 1分触診痛覚検査(The 1 Minute NocioceptivExam)
4 ホームスタディコース&ベーシック(初級)テクニック(60種類)
5 No Arthritis Diet (炎症排除ダイエット)の紹介    など

ベーシック・セミナーの目的
1 痛みと解剖学的、生理学的理解を深めること。
2 驚愕・逃避反射をはじめとする原始反射の理解を深め、それらが痛みとどのように関連しているかを説明できること。
3 髄膜とPRRTメソッドの関連を述べられること。
4 PRRTの検査(1MNE)を正しく行い、人体に潜む原始保護反射の影響を指摘・確認できること。
5 PRRTの基本テクニックを適用し、効果的に痛みの治療を行えること。または、技術の有効性を客観的に判断できるようになること
臨床の中で、PRRTと今まで使っている他の療法に組み入れ、治療能力を高めていくこと。

一般的なセミナー2日間の流れ
The PRRT Seminar Japan
セミナースケジュール

【一日目】
9:00開始~17:00終了予定 
一時間の昼食休憩有り
午前
●レクチャー(講義)と質疑応答
●ホームスタディコースの補足復習
●1分痛覚検査法(1MNE)
午後
●メイン・テクニック(Primal techniques 6つ)
●ベーシックテクニック(Basic techniques 20こ以上~)

【懇親会】
一日目終了後、懇親会を予定しています(希望者のみ)

【二日目】
9:00開始予定(変更の可能性有り)~内容完了まで(15:00までには終了できると思います)
一時間の昼食休憩有り

●質疑応答
●ベーシックテクニック(残り)
●質疑応答、まとめ解説

【申し込み】
PRRTセミナー申し込みサイトから

【セミナー料金 振込み】
PRRT申し込みサイトからPayPal(クレジットカード)での支払いができます。
●PRRT申し込みサイトから申し込む場合:695ドル
●現金払い(銀行口座振り込み)の場合:100,000円
(取り扱い手数料がかかるためやや割高になります)
(このオプションをご希望の方のみに振込先を伝える)

【持参物】
●タオル(治療ベッド使用時に顔下に敷くためのもの)
●楽な服装でお越し下さい
●筆記用具
●バインダー(ホームスタディコース配布資料)
セミナー資料は当日配布します→バインダーに加えて下さい

【セミナー開場】
●セミナー会場の詳細はセミナー受講者にのみ通達します。

PRRT Japan サイトメニューに戻る

[PR]
by prrt-japan | 2012-11-22 11:45

アメリカ発のとても斬新な手技療法:Primal Reflex Release Technique (原始反射リリース・テクニック)セミナーの活動案内です